• お問い合わせ
  • facebook

三重県・二見浦は、日の出の名所としてあまりに有名な夫婦岩、また猿田彦命の出現の地としても知られています。
 その二見浦の背後、伊勢湾を臨む霊地・音無山の中腹に建つ 太江寺は、1200年前に行基が開いたと伝えられる真言宗の古寺で、天長二年(825)の朝熊岳開創の折には、弘法大師(空海)も 再三訪れ、真言の秘法を伝えたとされています。
本尊の千手観音菩薩像(国の重要文化財指定)は42本の手を持ち、長寿の御利益があります。

また、この地は、弘法大師(空海)が白黒二匹の"犬"に導かれ、高野山にたどり着いた逸話でも知らる。弘法大師はこの地から何度も高野山に赴いております。

興玉神の"かえる"、猿田彦命の"さる"、経典を守る"猫"など、動物との縁も深く、近頃ではペットの健康長寿の祈願や供養も行う「ペット寺」としても 知られるようになりました。

その他、境内には藤棚、山門外には桜が植えており、藤まつりなど信者に慕われる行事が催され、訪れる人が多くあります。
当山では伊勢西国三十三ヵ所第一番霊場となっております。

新着情報|太江寺からのお知らせ

愛受院

このページの先頭へ

このページの先頭へ